第58回大気環境学会年会 市民公開フォーラムのご案内

PM2.5をはじめとして、日本の大気環境を考える上で大陸からの影響は無視できませんが、中国における大気汚染対策や健康影響についての正確な情報はなかなか手に入りません。
本フォーラムは、本年9月に大気環境学会年会が兵庫県で開催されるにあたり、兵庫県の姉妹提携先である中国広東省の環境監視の専門家と北京大学の研究者をお招きし、中国における大気汚染の現状とその健康影響についてご講演いただきます。また、日本の現状についてもお話しします。
ひょうご海外ビジネスセンターもこの市民公開フォーラムを支援しています。
PM2.5に関する最新の情報を得られる良い機会ですので、ぜひご来場ください。

日 時: 2017年 9月 8日(金)13:30~16:20 (13:00 開場)
会 場: 兵庫医療大学 M112講義室 (神戸市中央区港島1-3-6)
プログラム:(日本語⇔中国語同時通訳)
     第1部 中国からの報告
    「中国の珠江デルタ区域における大気汚染の改善状況とその主なサポート技術」
    広東省環境監測協会    呂 小明 氏
    「大気中PM2.5の健康影響~中国における研究からの知見~」
    北京大学公共衛生学院   郭 新彪 氏
     第2部 日本の現状
    「兵庫県の大気汚染の現状とPM2.5に関する調査研究」
     兵庫県環境研究センター  中坪 良平 氏
    「日本における大気中PM2.5の健康影響」
    兵庫医科大学公衆衛生学  島 正之 氏
     総合討論
主 催: 第58回大気環境学会年会
共 催: 兵庫県、アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)、地球環境戦略研究機関(IGES)
参加費: 無料
定 員: 250名(要事前申込)
問合せ先: 市民公開フォーラム事務局(兵庫県環境研究センター内)
      電話:078-735-6911 / メール:kobe-forum@hies-hyogo.jp
ホームページ: http://www.knt.co.jp/ec/2017/jsae58

案内チラシ(申込書)